ナットウキナーゼの話

 

夏、「脳梗塞」での死亡率がいちばん高くなります。

夏は汗による脱水で血液がドロドロになりやすく、血栓ができやすい季節です。しかも脳梗塞が数多く発生します。

気温32℃を超えると、「脳梗塞」による死亡率が急増。

ある調査によると、気温30℃を超えると65歳以上の高齢者の脳梗塞による死亡率が上昇。気温32℃を超えると死亡率が1.66倍に急増します。血栓症の注意が必要です。

「脳梗塞」の初期症状は、「熱中症」と似ています。「めまい」「頭痛」「冷や汗」「倦怠感」は熱中症と思われがちですが、脳梗塞も似た症状があらわれます。誤認して治療が遅れないように、脳梗塞も疑って迅速な対処が必要です。

 

冬、「血栓症」での死亡患者数が最多になります。

暖房のきいた暖かい部屋から寒い場所に行くと、血管が収縮して血栓症が起こりやすくなります。ドロドロ血の方は特に注意が必要です。お気を付けください。

日本人の死因の1/4が「血栓症」です。

脳梗塞や心筋梗塞。いま、日本人の死因の1/4が血栓症です。発症後、長期の入院や要介護者による可能性も高く、重篤な状態になりやすいのも特徴です。

血栓予防には、効率的なナットウキナーゼサプリがおすすめです。

体に良い成分をたくさん持つ「納豆」。でも血栓予防には血栓溶解成分である「ナットウキナーゼ」が効果的。ナットウキナーゼ2000FUを摂取することで血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけて、分解(溶解)する作用があります。さらに、もともと人間の身体の中にある血栓溶解酵素の働きを促進するなど、血栓の溶解、予防を助けます。

●ナットウキナーゼの効果(ナットウキナーゼ VS 納豆)

ットウキナーゼの方が時間の経過とともに周りの血栓が溶け、黒く透けて見える溶解現象(作用)が進んでいます。

 

4000FU摂取で免疫賦活機能にも効果を発揮!

ナットウキナーゼ4000FUを摂取することで、体内の免疫機能を表すNK細胞を活性化することが確認されました。

引用:ナットウキナーゼの単回摂取は通常成人のNK細胞活性化させる(薬理と治療2019年47巻9号)

 

血栓予防に、なぜ「納豆」より「ナットウキナーゼサプリ」?

『ナットウキナーゼ』って納豆とは違うの?

違います。ナットーキナーゼは納豆に含まれる成分のひとつです。納豆には血液凝固を促進するビタミンK2が含まれているため、ナットウキナーゼサプリメントでの摂取をおすすめします。

納豆にどれくらい入っているの?

1パック50gとして、平均1000FU。

ナットウキナーゼを摂るなら1日2~3パック程度の納豆が必要です。賞味期限が近いものや熱、胃酸などで活性が低下することもあります。

ナットウキナーゼを効果的に摂りたい!

手軽な、サプリメントがおすすめです。

 

引用: